悪徳会計屋の経済事件ノートvol.4

2004年12月16日 第4号 発行部数:360部

◇◆――――――――――――――――――――――――――――◇



 悪徳会計屋の経済事件ノート



  なぜ上場会社社長は国税局ロビーで壮絶なる自殺を選んだのか。

   国税局OB税理士が納税者を食いものにする手口とは。

    税務署とマスコミから悪徳会計士の烙印を押された

     会計のプロが税金法律金融事件の深層に迫る。



◆◇――――――――――――――――――――――――――――◆



 山根治(やまね・おさむ)  昭和17年(1942年)7月 生まれ

 株式会社フォレスト・コンサルタンツ 主任コンサルタント

http://www.mz-style.com/



―――――――――――――――◇―――――――――――――――



●ハニックス工業事件の真相



「ハニックス工業 事件の真相 4」より続く

http://www.mz-style.com/item/185



(4)倒産と社長の自殺についての国税当局の見解

 

  倒産と社長の抗議の自殺に関する国税当局の見解は次のようなも

 のであった。

 

『東京国税局の横尾貞昭・国税広報室長は「このような事態になって

 大変お気の毒だが、課税面については適正に処理し、告発した。こ

 の件でH社長から抗議を受けたことはない」と話している。』(読

 売新聞、平成5年12月25日)

 

『東京国税局の村上喜堂・総務部長は、「亡くなったH社長はお気の

 毒ですが、だからといって法律は曲げられません。それに社長はこ

 れまで一度も抗議に来られたこともない。当日執務室にも寄らずに

 自殺されたわけで、こちらとしては真意が分からないんです」と冷

 やかな反応だ。』(週刊新潮、平成6年1月13日号)



  当時、私自身が直接聞いた国税当局の見解は、大木洋国税統括査

 察官によるものである。

  大木洋は当時、架空のシナリオを自分で創作して私にガサ入れを

 かけ、なにがなんでも告発しようとしていたのに対して、私は迷惑

 千万なことであり、告発されただけでも、一般企業でさえ社会的に

 葬り去られることがある事例として、ハニックス工業の例を挙げ、

 抗議したのに対して答えたものである、 ―



『マスコミの報道は一面的なもので、真相は違っている。ハニックス

 工業は国税の告発があろうとなかろうと、すでに経営的に行き詰まっ

 ていたのであり、金融機関が預金を凍結したり、融資をストップし

 たのは、国税の告発を奇貨としてなしただけのことである。国税が

 告発したために倒産したというのは言いがかりにすぎないことであ

 り、昨年12月24日国税のロビーで、同社の元社長が自殺をした

 ことも、国税当局に対する単なる嫌がらせにしかすぎない。』(平

 成6年1月17日、私への電話による回答)

 

  国税当局の三者に共通しているのは、脱税の告発は正当なもので

 あり、倒産と社長の死について、当局は一切の責任を負わないとい

 う認識である。

  更に前二者は、社長の死は気の毒であるとして一応哀悼の意を表

 しているのに対して、大木は、社長の死は国税当局に対するいやが

 らせであり迷惑であると言っている。

  この違いは、前二者がマスコミのインタビューに応じたものであ

 り、公表されることを念頭においた、いわば建前の見解であるのに

 対し、大木の発言は私に対するものであり、公表されることなど全

 く念頭においていない、いわば本音の見解であることに起因してい

 る。





(次号へ続く)





―――――――――――――――◇―――――――――――――――



●姉妹誌「冤罪を創る人々 -国家暴力の現場から-」

http://www.mz-style.com/item/2

(週刊・無料)



  日本一の脱税事件で逮捕起訴された公認会計士・税理士の闘いの

 実録。税務調査、ガサ入れ、押収、取調べ、勾留、巨額税金の追徴、

 刑事裁判…。マルサと検察が行なった捏造の実態を明らかにする。



―――――――――――――――◇―――――――――――――――



●株式会社フォレスト・コンサルタンツ Webサイト更新状況



■ [冤罪を創る人々vol.40]

┃ http://www.mz-style.com/item/189

┗ メールマガジン>「冤罪」21~40号 (2004-12-14)



■ [西武鉄道 銀行の責任逃れ-その4]

┃ http://www.mz-style.com/item/188

┗ 山根治blog>税務会計法務 (2004-12-14)



■ [悪魔の証明]

┃ http://www.mz-style.com/item/187

┗ 冤罪を創る人々>第四章 (2004-12-14)



■ [悪徳会計屋の経済事件ノートvol.3]

┃ http://www.mz-style.com/item/186

┗ メールマガジン>「悪徳」1~20号 (2004-12-09)



■ [ハニックス工業 事件の真相 4]

┃ http://www.mz-style.com/item/185

┗ 経済事件ノート>ハニックス工業事件 (2004-12-09)



―――――――――――――――◇―――――――――――――――



●株式会社フォレスト・コンサルタンツ Webサイト紹介





・冤罪を創る人々 http://consul.mz-style.com/catid/11



  日本一の脱税事件で逮捕起訴された公認会計士・税理士の闘いの

 実録。税務調査、ガサ入れ、押収、取調べ、勾留、巨額税金の追徴、

 刑事裁判…。マルサと検察が行なった捏造の実態を明らかにする。



・山根治Blog http://consul.mz-style.com/catid/21



  弊社主任コンサルタントの山根治が日々考えることを、気の向く

 ままに書き綴っていきます。「冤罪を創る人々」や税務会計法務に

 関することから、趣味(古代史、囲碁等)の分野まで幅広く取り扱

 います。



・経済事件ノート http://consul.mz-style.com/catid/31



  なぜ上場会社社長は国税局ロビーで壮絶なる自殺を選んだのか。

 国税局OB税理士が納税者を食いものにする手口とは。税務署とマ

 スコミから悪徳会計士の烙印を押された会計のプロが税金法律金融

 事件の深層に迫る。

3362700+ 808 total views,  2 views today