2006年10月

出戻り会計士の弁

三年前、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の刑が確定したことによって、公認会計士の欠格条項に触れることとなり、会計士の登録が抹消されました。平成18年10月4日、執行猶予の言渡しを取り消されることなく3年が経過しましたので、刑の言渡しは効力を失い(刑法第27条)、登録の欠格条項が消滅いたしました。 これによって再び登録申請をすることができるようになりましたので、10月5日に登録申請をし、10月17日に登 […]

公認会計士の再登録について

平成18年10月17日付けで公認会計士の再登録が完了しましたので、再び公認会計士として活動していくことになりました。 山根治 ※より詳しくは「出戻り会計士の弁」をご覧ください。   3362700+ 101 total views,  4 views today

ゲームとしての犯罪 -25

「ゲームとしての犯罪」の連載を始めたのが4月25日ですから、同じテーマで6ヶ月も書き続けたことになります。当初は昨年の「ホリエモンの錬金術」がそうであったように、軽く読み流していただくつもりでしたので、1ト月、つまり5回位の連載で終る予定でした。ところが書き始めたところ、昨年と同じ様に、私に対する悪口雑言がコメント欄に数多く寄せられてきました。生まれつきヘソが少しばかり曲っている私ですから、それで […]

ゲームとしての犯罪 -24

NIFファンドの平均の買いコストは、前述のように13,232円ですが、その内訳は次の通りです。 ***<表21>NIFファンドの株式取得状況の内訳^^t^cc”^NO.^cc”^年月日^cc”^株数^cc”^単価^cc”^金額^cc”^備考^^^1.^平成12年9月29日^rr”^9,100株^rr”^ […]

ゲームとしての犯罪 -23

私は、医学界のフィクサーと名指しされたB氏がエフェクター研の上場に深く絡んでいるものとすれば、前号で示した10の投資事業組合のいずれかに、ひそかにもぐり込んでいるに違いないと考えました。 中でも上場直後に、とりわけ怪しげな動きをした筆頭株主である投資事業組合NIFニューテクノロジーファンド2000/2号(以下、NIFファンド)こそ、B氏の隠れミノではないかと目星をつけるに至ったのです。 NIFファ […]

「引かれ者の小唄」再公開について

 「引かれ者の小唄」(※平成17年11月15日から平成18年5月13日まで公開)は、諸事情により公開を中断していましたが、平成18年10月4日をもって執行猶予期間の3年が経過したことを受け、再び公開する運びとなりました。なお、「引かれ者の小唄」の背景については「冤罪を創る人々」や「冤罪を創る人々」 時系列表をご覧下さい。 3362700+ 116 total views, &n […]

ゲームとしての犯罪 -22

読者から一通のメールが届きました。その方は、エフェクター研の上場の舞台裏を間近に見ていた人で、寄せられた情報は、信憑性の高い、いわばナマの情報と考えられるものです。本名を名乗り、現在の立場を明示した上でわざわざ貴重な情報を寄せて下さったのです。仮にA氏といたします。 A氏からの情報は、著名な医学者であるB氏に関するものでした。B氏がエフェクター研の上場に深く関わっていたというのです。 B氏の名前は […]