2020年6月

中江滋樹氏からのダイイング・メッセ-ジ-⑬-見えてきた裏の構図-(4)

 中村寿夫弁護士、A社社長夫人、石飛衛、坪内孝満、錦織澄及び石松俊之の6名については、このたびのコロナ騒動の一年以上前から、組暴法の捜査対象になっているようである。闇の組織の親密関係者として、公金詐取、贈収賄の実行者、フィクサ-あるいは、犯罪もみ消し役として警察当局からマ-クされているということだ。  中でも傍若無人(ぼうじゃくぶじん)な人物は、錦織澄と石松俊之の二人である。   まず、錦織澄公認 […]

中江滋樹氏からのダイイング・メッセ-ジ-⑫-見えてきた裏の構図-(3)

※中江滋樹氏からのダイイング・メッセ-ジ-⑨ より続く。  令和2年6月9日、自民党の二階俊博幹事長が、「自民党の重鎮」と会食したという。全国紙各紙が報じている。場所は赤坂の料亭「津やま」、「重鎮」のメンバ-は小泉純一郎、山崎拓、武部勤、中川秀直の各氏。リポ-タ-役は小泉チルドレンの杉村太蔵氏。  ここには、東京オリンピックの誘致で動いた森喜朗氏、武藤敏郎氏はいない。この二人、令和2年6月10日夜 […]

中江滋樹氏からのダイイング・メッセ-ジ-⑪-見えてきた裏の構図-(2)

 このところ、毎日のように過去の事件の真相が明らかになっている。  明らかになっていくきっかけは、他ならぬ中村寿夫弁護士だ。この人物、昨年令和元年8月23日、A社の代理人弁護士として私を訴えてから訴えの内容がヒ-トアップしてきた。特に、今年令和2年になってからは様相が一変。代理人弁護士のワクを越えて、中村寿夫個人の思惑がモロに出てくるようになったのである。A社の社長とかA社の社長夫人の口を借りて、 […]

中江滋樹氏からのダイイング・メッセ-ジ-⑩-見えてきた裏の構図-(1)

 「自民党の重鎮」5氏と東京オリンピックの2氏だけでなく、安倍総理と小池東京都知事も、「陸軍天保銭組」(「中江滋樹氏からのダイイング・メッセ-ジ-号外」)と中江滋樹氏となんらかの深いつながりを持っている。具体的なつながりを立証する情報のうち、中江滋樹氏に関連する情報は、私・山根治が所持しているし、「陸軍天保銭組」と東京オリンピック(昭和39年、令和3年)に関連する情報は、カンボジア在住の藤原肇氏と […]