2019年4月

前代未聞の猿芝居-⑥

 筆者自身が遭遇した冤罪事件(「冤罪を創る人々」)を手はじめに、広島国税局査察部門はずいぶん多くの査察事件を私のもとに送り込んできた。  なぜこんな仕打ちをされなければならないのか、税金を払うのは分るが、頭ごなしに犯罪人呼ばわりされ逮捕をほのめかされてまで払うのは納得がいかない。  マルサに傷めつけられた人達の駆込寺の観を呈していた筆者の事務所には同じような訴えが相次いだ。 本件もその一つである。 […]

前代未聞の猿芝居-⑤

 筆者自身が遭遇した冤罪事件(「冤罪を創る人々」)を手はじめに、広島国税局査察部門はずいぶん多くの査察事件を私のもとに送り込んできた。  なぜこんな仕打ちをされなければならないのか、税金を払うのは分るが、頭ごなしに犯罪人呼ばわりされ逮捕をほのめかされてまで払うのは納得がいかない。  マルサに傷めつけられた人達の駆込寺の観を呈していた筆者の事務所には同じような訴えが相次いだ。 本件もその一つである。 […]

前代未聞の猿芝居-④

前回、査察官島村仁士が、検甲8号証の中で、 「実体法の規定に明確に反している嘘」 をついていると断言した。 実体法の規定に反していることは、同様に検甲2号証でもなされている。検甲2号証は、検甲8号証などの増差所得の確定を受けて、査察官島村仁士が税額の計算を行ったものだ。 実体法の規定に明確に反している、とはどういうことか。それが何故、嘘となるのか。 国税通則法は、「国税についての納付すべき税額の確 […]

前代未聞の猿芝居-③

前回、「証拠等関係カード」番号(2)の「課税額計算書」以下12の書面は、その(立証趣旨)のところで証拠捏造の痕跡を残している旨指摘した。 番号(2)の(立証趣旨)欄において、(平成28年1月期ほ脱税額等の特定)とされ、番号(8)においては(売上高の特定等)、番号(9)においては(仕入高の特定等)とされているように、番号(2)、(3)及び(7)~(17)の(立証趣旨)欄には、全て特定という文言が用い […]

前代未聞の猿芝居-②

この脱税裁判の異様性は、国税当局と検察当局が、事前に綿密な連絡をとり合って証拠をデッチ上げていることだ。しかも、デッチ上げられた証拠が、法廷証拠として堂々と提出されている。 検面調書(検察官面前作成調書)をはじめ、査察官による質問てん末書が、いかにして捏造されたのか、調書作成経緯にかかる、査察官をはじめとする関係者の声が生々しく残っている。検察官も査察官も、大胆不敵な犯罪者だ。 何よりも注目すべき […]

前代未聞の猿芝居-①

現在、松江地裁において、被告人をA社(A社については当ブログで既に取り上げている。“広島国税局に盤踞する倨傲のトカゲ-①~②”、“飛んで火にいる夏の虫-③”等として、法人税法等違反の罪(脱税)を裁く刑事裁判が進行中である。明々白々な茶番劇である。 冤罪(無実の罪)を、もっともらしい犯罪に仕立て上げるために、偽りの証拠がデッチ上げられているからだ。 尚、筆者は、A社との間に契約を交わし、A社が受けて […]