048 マスコミ報道の実態

 

****6) マスコミ報道の実態

一、 平成8年1月26日の逮捕を待っていたかのように、マスコミ各社は、全国版で、検察当局が捏造した犯罪を、あたかも確定した事実であるかのように一斉に報道した。

二、 大半のマスコミが、検察側の発表もしくはリークにもとづいて報道しており、マスコミ独自の判断を放棄した検察側情報のタレ流しに終止した。



三、 マスコミによってなされた荒唐無稽な報道の極めつけは、私が脱税報酬として6億円を受け取ったというものである。その上更に、相手方の佐原良夫に対して4億円の脱税協力金を支払ったというおまけまでついていた。

 検察が発表した脱税額は6億円余りである。すると、組合は、6億円余りの脱税をする為に、私に6億円の脱税報酬を払い、更に佐原に4億円の脱税協力金を支払ったことになる。

 6億円余りの脱税をするために、都合10億円の謝礼金を支払う、 ― 誰が考えてもありえないことだ。

 このような荒唐無稽な報道を、朝日新聞を皮切りに、毎日新聞、読売新聞、サンケイ新聞等、一流と目されているプレスが行ったのである。



四、 社会の木鐸を自任していたはずの新聞は、一体どこに行ってしまったのであろうか。いつから、検察の手先となり、冤罪事件の片棒をかつぐようになったのか。

 このようなことは、良識とか常識以前の問題ではないか。

3362700+ 118 total views,  9 views today