冤罪を創る人々vol.106

2006年03月28日 第106号 発行部数:604部

◆◇――――――――――――――――――――――――――――◆
「冤罪を創る人々」-国家暴力の現場から-
http://consul.mz-style.com/catid/11

日本一の脱税事件で逮捕起訴された公認会計士の闘いの実録。
マルサと検察が行なった捏造の実態を明らかにする。
◇◆――――――――――――――――――――――――――――◇

山根治(やまね・おさむ)  昭和17年(1942年)7月 生まれ
株式会社フォレスト・コンサルタンツ 主任コンサルタント
http://consul.mz-style.com/

―――――――――――――――◇―――――――――――――――
●「引かれ者の小唄」 ― 勾留の日々とその後
http://consul.mz-style.com/catid/41

「松尾芭蕉と夢紀行 -その3」より続く
http://consul.mz-style.com/item/499

13.松尾芭蕉と夢紀行 -その4

舞台は一転、平安の初期にタイムスリップする。元禄の世から遡
ること900年、都は奈良の地から長岡へと遷されたばかりである。
東北の守り、多賀城は宝亀11年(780年)、蝦夷(えみし)
によって焼き打ちされ、灰燼に帰したものの、いちはやく再建され、
再び豪壮な姿を誇っていた。

時は延暦4年(785年)、人麻呂と並ぶ万葉の歌人大伴家持が、
この多賀城で波乱に満ちた68年の生涯を終えようとしていた。
前年の延暦3年(784年)2月、参議東宮大夫(さんぎとうぐ
うだいぶ)であった家持は、天皇(すめらみこと)から節刀を拝し、
征東将軍として多賀城に着任。晩年の父、大伴旅人が、権勢をほし
いままにしていた藤原氏にうとんぜられ、西の守りである大宰府
の師(そち)に左遷されたように、家持もまた辺境の地に追いやら
れた。

大伴家持を主(あるじ)に迎えた多賀城は、単なる辺境守備のた
めの兵営ではない。立派な朝堂式の政庁であった。規模こそ違え、
西の大宰府に対応するものだ。神亀元年(724年)、聖武天皇即
位の年に大野朝臣東人(あづまひと)が設置してから60年、この
東国の守りの拠点は、掘立柱建物から礎石建物に全て造り直されて
いる。

大伴宿禰家持。中納言従三位、東宮大夫、持節征東将軍(じせつ
せいとうしょうぐん)。

名門大伴氏の総領として生を享け、これまでの人生の大半を奈良
の都の外で過してきた家持。幼少の頃より文武両面で家庭環境に恵
まれ、エリート貴族の一員として華やかな存在であり、際立ってい
た。ことに文芸においては持ち前の才能を発揮し、後世万葉集と呼
びならわされることになる一大詞華集の編纂に携わる幸運にも恵ま
れた。

家持は病の床で、過ぎ去った歌三昧の日々を回想する、-

当時から歌の聖(ひじり)と崇められていた柿本人麻呂の歌は、
伝えられている全てを集めることができた。作者の名前が失われ、
歌だけが伝承された秀歌も数多く集めた。天平勝宝7年(755年)、
難波の地で自ら選別した東国からの防人(さきもり)の歌をとり入
れたのは、兵部使少輔(ひゃうぶのつかひせうふ)のときであった。
無事に帰郷し、今ではすっかり年老いたあのときの防人が、時折、
館を訪ねてくれる。天皇をはじめ、名のある貴族の歌は、出来のよ
しあしを考えに入れずに集めた。自らの歌をはじめ、大伴一族の歌
も数多く収録することができた。幸せであった。

藤原氏との権力争いから逃避するためにも、万葉集の編纂事業は
若い頃の家持にとって大きな救いであったに違いない。万葉集
4500余首の中に、国家的イベントであった大仏の造営に絡む歌
が一つも見当たらないのは、あるいは藤原一族の権勢に対する黙然
たる抵抗であったかもしれない。

天平宝字3年(759年)、家持は、因幡国の国司として詠んだ歌、

“新(あらた)しき年の始の初春の
今日降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)”
(万葉集巻20、No.4516)

を最後に万葉集を閉じ、歌人としての自らの痕跡を絶つに至った。
その天平宝字の世から既に26年が経過している。
絢爛たる多くの歌を色彩感豊かに唱いあげた天平の歌人家持が、
時空を超えて、日本語の美しさを究めた元禄の俳聖芭蕉と相まみえ
ている。二人が出会った想念における歴史の現場に立会うことので
きた私は、無常の喜びと幸せに震えた。

―――――――――――――――◇―――――――――――――――
●山根治blog (※山根治が日々考えること)
http://consul.mz-style.com/catid/21

「疑惑のフジテレビ -9」より続く
http://consul.mz-style.com/item/500

・ 疑惑のフジテレビ -10

次に、監査法人のデューデリの手順を勝手に想定してみることに
いたします。

従来の監査法人が作成している監査報告書の信頼性に疑問がある
以上、新たに調査を委託された監査法人の主な仕事は、会社が提出
している上場以来の決算書が、果して正当なものであるかどうかを
確認することになります。言い換えますと、ライブドアの決算書に、
証取法で禁止されている粉飾がなされていたかどうか、これをプロ
である監査法人の立場から検討することです。

1.予備調査

(1)調査開始と同時に、ライブドア側に次の資料の提出を求めてお
きます。
1.会社組織図(とくに財務経理部門)
2.直近の月次決算書(もしくは試算表)と主要科目の勘定明細
3.現金預金、借入金等の残高証明書。関係会社一覧表(出資額、
ライブドア・関係会社間の主要取引明細)。ともに、平成16
年9月末日現在のものと、直近のもの。
4.リーマン・ブラザーズとのMSCB契約の詳細(契約書の写
し、貸し株の経緯、MSCBの現在状況)

(2)すでに述べましたように、平成12年3月8日に、上場のため
に提出された有価証券届出書、新株式発行届出目論見書をはじめと
して、上場後の全ての有報にザッと目を通して、ライブドアの概要
を把握するのに2時間、大雑把な問題点を把握するのに5時間、つ
まり、一日もかければ主な問題点は浮かび上がってきます。ライブ
ドアの場合、5つ位のものがこの段階で把握できるはずです。

(3)更に、上場時と各期毎の問題点を把握するために、届出書とか
有報あるいは目論見書を丹念に読み込んでいきます。3日もあれば
十分でしょう。
この段階で5つ位の問題点は枝分かれをして、30位の問題点に
集約されることになるはずです。

(4)浮かび上がってきた30位の問題点を、ライブドアの責任者に
直接質問するための問題事項一覧表の作成に一日。

(5)つまり、予備調査に要する日数は5日。尚、これは監査実務に
精通した会計士(大手の監査法人にはいくらでもいます)が一人で
行った場合を想定していますので、複数になれば日数は短縮できま
すし、調査の内容も、より精緻なものとなります。

2.実地調査

ライブドアの場合は、何回も増資を行って株式市場から金を集め、
そのお金を運用するのが主な事業のようですから、実地調査といっ
てもさほどのことをする必要はありません。問題点の一覧表を会社
側に渡して、疑問点を問い質し(質問)、必要に応じて関係資料の
提示を求めれば十分でしょう。
質問事項の説明に半日、質問事項の大半が大きな資金の流れと決
算書の表示に関するものですから、ライブドアの責任者としてはほ
とんどのものについて即答できるはずです。また、必要とされる関
係資料も仕事の各現場にあるものではなく、経営の中枢部が管理保
管しているものがほとんどでしょうから、揃えるのにさほど時間は
かからないはずです。
従って、質問を主な内容とする実地調査は、2日もあれば十分で
しょう。会社側の回答の吟味に一日、回答の内容によっては質問事
項が広がっていく可能性がありますので、問題点を補充し、不十分
な回答については再度の釈明を求めるために、質問事項一覧表を作
り直すのに1日。あとは、これを会社側に提示して回答を求め、必
要な資料を提示してもらうことになります。
つまり、実地調査には5日もかければ十分でしょう。しかも、予
備調査のときと同様に、複数の会計士が担当するならば、日数は短
縮できますし、よりきめ細かな調査ができるはずです。

3.調査結果の検討と調査報告書の作成

監査法人の役割の主なものは、ライブドアが粉飾決算をしていた
かどうかの確認ですから、予備調査の第一日目で、粉飾の痕跡がい
くつも見つかるはずです。
「ホリエモンの錬金術-4」で、

“上場会社の決算書で、有報の上から数々の”いかがわしさ“がこれ
ほど透けて見えるものは、めったにありません。”

と記したように、必ずしも監査実務に精通していなくとも、日頃決
算書に接している人なら誰でも判るほどオソマツなものですから、
多くの優秀な会計士を抱えている大手の監査法人に判らないはずが
ありません。
あとの予備調査の4日間、実地調査の5日間は、見つけだした粉
飾の事実を、念のために確認するだけの作業であると言ってもいい
でしょう。調査結果の検討と調査報告書の作成に2日。
尚、粉飾に関しては、専ら職業会計人の領域ですので、法律の専
門家である弁護士に対しては、参考意見を聴取することはあっても、
それ以上のものではありません。

(続きはWebサイトにて)
http://consul.mz-style.com/item/504

 

3362700+ 137 total views,  2 views today