ホリエモンの錬金術 -6(※資料)

●資料A

【堀江貴文の上場後の持株と投下資金の推移】

^^t
^cc^NO.
^cc^年月日
^cc^持株数(株)
^cc^売却(株)
^cc^取得(株)
^cc^投下資金(千円)
^cc^備考
^^
^1
^H12.04.06
^rr^7,920
^rr^
^rr^
^rr^269,000
^上場時
^^
^2
^H13.07.23
^rr^23,760
^rr^
^rr^
^rr^-
^1:3分割
^^
^3
^第6期中
^rr^
^rr^3
^rr^
^rr^△900
^一株300千円として計算
^^
^4
^H13.09.30
^rr^23,757
^rr^
^rr^
^rr^-
^第6期末
^^
^5
^第7期中(1)
^rr^
^rr^58
^rr^
^rr^△23,084
^一株398千円として計算
^^
^6
^H14.08.07
^rr^23,699
^rr^
^rr^
^rr^-
^
^^
^7
^H14.08.08
^rr^3,067
^rr^20,632
^rr^
^rr^△8,211,536
^一株398千円として計算
^^
^8
^H14.08.09
^rr^22,099
^rr^
^rr^19,032
^rr^7,574,736
^一株398千円として計算
^^
^9
^第7期中(2)
^rr^
^rr^2
^rr^
^rr^△796
^一株398千円として計算
^^
^10
^H14.09.30
^rr^22,097
^rr^
^rr^
^rr^-
^第7期末
^^
^11
^H15.08.20
^rr^220,970
^rr^
^rr^
^rr^-
^1:10分割
^^
^12
^第8期中
^rr^
^rr^
^rr^5
^rr^300
^一株60千円として計算
^^
^13
^H15.09.30
^rr^220,975
^rr^
^rr^
^rr^-
^第8期末
^^
^14
^H16.02.20
^rr^2,209,750
^rr^
^rr^
^rr^-
^1:10分割
^^
^15
^H16.08.20
^rr^220,975,000
^rr^
^rr^
^rr^-
^1:100分割
^^
^cc” colspan=”2^合計
^rr^220,975,000
^rr” colspan=”2^
^rr^△392,280
^
^^/


***●資料B
****【上場までの会社の発行済株式数・株主構成の推移1】
^^t
^cc^注
^cc^年月日
^cc^発行済株式数
^cc^備考
^^
^注(1)
^H08.04.22
^rr^120口
^有限会社オン・ザ・エッヂ設立。
^^
^注(2)
^H09.07.01
^rr^200株
^80株(一株5万円)の第三者割当増資(現物出資)を実施。株式会社に組織変更。
^^
^red^注(3)
^H10.04.30
^rr^200株
^red^【額面金額(一株5万円)で譲渡】 有馬晶子→堀江貴文(48株)、有馬晶子→宮内亮治(2株)。
^^
^red^注(4)
^H10.08.03
^rr^200株
^red^【額面金額(一株5万円)で譲渡】 堀江貴文→和井内修治(8株)、堀江貴文→小飼弾(4株)。
^^
^注(5)
^H11.08.03
^rr^800株
^1:3の株主割当増資を実施。
^^
^red^注(6)
^年月日不明
^rr^800株
^red^【注(5)の株主割当後に額面金額(一株5万円)で譲渡】 和井内修治→堀江貴文(24株)、小飼弾→堀江貴文(12株)。
※この2回の譲渡が届出目論見書「株式公開情報」の”特別利害関係者の株式の移動状況”(73ページ)から漏れている。
^^
^注(7)
^H11.09.30
^rr^1,000株
^(株)光通信と(株)グッドウィル・コミュニケーションに合計200株(一株300万円)の第三者割当増資を実施。
※(株)光通信への第三者割当増資はH11.09.04だが諸事情によりまとめて記述した
^^
^red^注(8)
^H11.11.05
^rr^1,000株
^red^【一株300万円で譲渡】 有馬晶子→堀江貴文(120株)。
※この譲渡について、届出目論見書「株式公開情報」の”特別利害関係者の株式の移動状況”76ページ(注5)は、「資金調達を目的とする発行」としているが虚偽である。正しくは、「額面金額の60倍の価格による譲渡」である。
^^
^red^注(9)
^H11.12.17
^rr^1,000株
^red^【一株300万円で譲渡】 堀江貴文→大和証券SBCM(株)(30株)、堀江貴文→(株)光通信パートナーズ(10株)。
※注(8)の譲渡と同様、(注5)では「資金調達を目的とする発行」としており、虚偽の記載がなされている。
^^
^注(10)
^H12.01.12
^rr^12,000株
^1:12の株式分割を実施。H12.04.06、東証マザーズに上場。
^^/
****【上場までの会社の発行済株式数・株主構成の推移2a】
^^t
^cc^No.
^cc^株主
^cc^注(1)
H08.04.22
^cc^注(2)
H09.07.01
^cc^注(3)
H10.04.30
^cc^注(4)
H10.08.03
^cc^注(5)
H11.08.03
^^
^cc^1
^堀江貴文
^rr^60口

^rr^100株
(+40)
^rr^148株
(+48)
^rr^136株
(-12)
^rr^544株
(+408)
^^
^cc^2
^有馬晶子
^rr^40口

^rr^80株
(+40)
^rr^30株
(-50)
^rr^30株

^rr^120株
(+90)
^^
^cc^3
^有馬純一郎
^rr^20口

^rr^20株

^rr^20株

^rr^20株

^rr^80株
(+60)
^^
^cc^4
^和井内修司
^rr^-

^rr^-

^rr^-

^rr^8株
(+8)
^rr^32株
(+24)
^^
^cc^5
^宮内亮治
^rr^-

^rr^-

^rr^2株
(+2)
^rr^2株

^rr^8株
(+6)
^^
^cc^6
^小飼弾
^rr^-

^rr^-

^rr^-

^rr^4株
(+4)
^rr^16株
(+12)
^^
^cc” colspan=”2^合計
^rr^120口

^rr^200株
(+80)
^rr^200株

^rr^200株

^rr^800株
(+600)
^^
^cc” colspan=”2^備考
^持分割合は推計
^持分割合は推計
^
^持分割合は推計
^持分割合は推計
^^/
****【上場までの会社の発行済株式数・株主構成の推移2b】
^^t
^cc^No.
^cc^株主
^cc^注(6)
年月日不明
^cc^注(7)
H11.09.30
^cc^注(8)
H11.11.05
^cc^注(9)
H11.12.17
^cc^注(10)
H12.01.12
^^
^cc^1
^堀江貴文
^rr^580株
(+36)
^rr^580株
^rr^700株
(+120)
^rr^660株
(-40)
^rr^7,920株
(+7,260)
^^
^cc^2
^有馬晶子
^rr^120株

^rr^120株

^rr^-
(-120)
^rr^-

^rr^-

^^
^cc^3
^有馬純一郎
^rr^80株

^rr^80株

^rr^80株

^rr^80株

^rr^960株
(+880)
^^
^cc^4
^和井内修司
^rr^8株
(-24)
^rr^8株

^rr^8株

^rr^8株

^rr^96株
(+88)
^^
^cc^5
^宮内亮治
^rr^8株

^rr^8株

^rr^8株

^rr^8株

^rr^96株
(+88)
^^
^cc^6
^小飼弾
^rr^4株
(-12)
^rr^4株

^rr^4株

^rr^4株

^rr^48株
(+44)
^^
^cc^7
^(株)光通信
^rr^-

^rr^150株
(+150)
^rr^150株

^rr^150株

^rr^1,800株
(+1,650)
^^
^cc^8
^(株)グッドウィル・
コミュニケーション
^rr^-

^rr^50株
(+50)
^rr^50株

^rr^50株

^rr^600株
(+550)
^^
^cc^9
^大和証券
SBCM(株)
^rr^-

^rr^-

^rr^-

^rr^30株
(+30)
^rr^360株
(+330)
^^
^cc^10
^(株)光通信
パートナーズ
^rr^-

^rr^-

^rr^-

^rr^10株
(+10)
^rr^120株
(+110)
^^
^cc” colspan=”2^合計
^rr^800株

^rr^1,000株
(+200)
^rr^1,000株

^rr^1,000株

^rr^12,000株
(+11,000)
^^
^cc” colspan=”2^備考
^持分割合は推計。
届出目論見書
に記載漏れ
^
^届出目論見書
に虚偽記載
^届出目論見書
に虚偽記載
^
^^/


***●資料C
****届出目論見書(平成12年3月)の76ページの(注5)が虚偽記載であることの説明。

平成11年11月5日、有馬晶子さんの持株120株の全てが堀江さんに譲渡されます。譲渡価格は一株300万円、総額で360百万円。株式の移動理由は「売却人の資金化の必要」(新株発行届出目論見書73ページ)とされています。ところが、この120株の移動について同目論見書76ページ(注5)では、「資金調達を目的とする発行」であるとして、明らかに事実に反する虚偽の記載がなされています。
尚、一つ前の(注4)は、平成10年4月30日になされた有馬晶子→堀江貴文、有馬晶子→宮内亮治への、それぞれ48株、2株の株式の譲渡(一株5万円)、及び、平成10年8月3日になされた堀江貴文→和井内修司、堀江貴文→小飼弾への、それぞれ8株、4株の株式の譲渡(一株5万円)について付された注記です。
この(注4)は、当初の同目論見書(平成12年3月8日付)においては、「額面金額における発行であります」となっていましたが、第三回目の訂正(平成12年3月24日付)において、「額面金額における譲渡であります」と訂正されています。
ところが、そのすぐ下に記されている(注5)は、訂正された形跡がなく、「資金調達を目的とする発行」(正しくは、“額面金額の60倍の価格による譲渡”)のままになっています。あるいは、この(注5)についても、第二回目の訂正(平成12年3月22日付)において、訂正がなされているのかもしれません。しかし、何故か平成17年4月1日現在、東証で開示されているのは、第一回訂正分、第三回訂正分及び第四回訂正分のみで、第二回訂正分は縦覧に供されてはいません。
従って、この(注5)は、単なる記載ミスとは考えられず、ホリエモンの意思(トリック隠し)が透けて見えるものとなっています。

 

3362700+ 171 total views,  7 views today