030 配偶者は語る

****4)配偶者は語る

 配偶者 山根澄子の話



一、 朝8時半に、大勢で押しかけてきて、家の中をひっくり返すようにして、いろんなものを持っていきました。

 女性が一人まじっており、総勢で7人位でした。

 

二、 主人は朝、風呂に入ることにしており、その日もマルサを待たせて、風呂に入りました。

 マルサの人と主人が自宅を出ていった後、一人が風呂を念入りにチェックしていました。何か隠したとでも思ったのでしょうね。



三、 床下をのぞいたり、天井裏をのぞいたり、数百冊ある本のページを一枚一枚めくったり、タンスやクローゼットの中をかきまわしたりと、それこそ洗いざらい調べては、押収していきました。



四、 40近くある陶器の壷や皿は、一つ一つ写真に撮っていました。主人が大切にしている観音様の入った厨子の扉を勝手に開けて、何枚も写真を撮っていました。バチが当らなければいいんですがね。



五、 クローゼットを調べていた一人から、

『奥さん、上のほうにホコリがたまっていますよ。たまに掃除したらどうですか。』と言われたときは、さすがにムッときましたね。

 勝手にひっかきまわしておいて、余計なお世話だと思いましたよ。



六、 夕方までには皆んな引きあげていきましたが、家の中を突然、台風か竜巻が通り過ぎたような感じでした。

3362700+ 171 total views,  7 views today