検察官と裁判官を犯罪人として告発する!!-号外②

 冗談じゃない。

 国税庁は、税理士山根治を不倶戴天の敵として命まで狙ってきた。社会的に抹殺(Character Assassination )(「誰が小沢一郎を殺すのか?」参照)するだけでは飽き足らず、永久に私の口を塞ぐこと(Assassination、暗殺)を狙ってきたのである。

 私が現実に身の危険を察知したのは、平成28年12月8日(木)のことだ。

 犯罪組織の一味の女と男が東京のA弁護士事務所を襲ったのである。私と弁護士とを罠に陥れようとする証拠の品を奪いに来たのである。未遂に終わったがA弁護士は身の危険を感じて、警視庁○○警察署に被害届を出すと同時に、身辺警固を依頼した。

国家を股にかけて稼いでいる闇のブローカーを脱税相談の依頼人に仕立て上げ、名古屋国税局が私のもとに刺客として送り込んできたのが平成27年4月。
平成28年4月、国税庁長官官房審議官であった柴崎澄哉が国税庁調査査察部長になってから、私を抹殺する動きが慌しくなった。
ほどなく青山伸吾検事が名古屋地検特捜部に送り込まれてきた。
抹殺計画の司令塔は、国税庁調査査察部長の柴崎澄哉だ。抹殺計画を実行するのは、前の号外で指摘した「脱税モミ消しグループ」である。

国家を股にかけて稼いでいる闇のブローカーが拠点としているのは、かつてソ連邦であった東欧の貧しい小さな農業国である。
刺客として私のもとに送り込まれた人物は、東欧の国の外交官特権を持っている、まさに殺しのライセンスを持つGPU(ゲー・ペー・ウー)、後のKGBそのものであった。

以下、私と、共に仕事をしているA弁護士とを抹殺しようとした主要人物を列挙する。脱税モミ消しグループである。
+柴崎澄哉。国税庁調査査察部長。
+青山伸吾。名古屋地検特捜部検事。
+森史弥。名古屋地方裁判所、裁判官。
+永井浩一郎。あさひ法律事務所、パートナー弁護士。
+三宅伸幸。名古屋第一法律事務所、パートナー弁護士。
+石田正美。税理士法人アルバトロス、税理士。国税OB。
+杉山某。脱税モミ消しブローカー。三宅伸幸弁護士の同窓生。元官僚。

上記のうち、特に青山伸吾検事は、脱税モミ消しグループの緻密な工作(私とA弁護士とを証拠隠滅教唆に陥れ、社会的に抹殺するための陰謀)に従って動いた中心人物である。

私とA弁護士は今でも命を狙われている。私は急拠、私とA弁護士とを守るために次の2つの手を打つことにした。

+脱税罪に関しては証拠隠滅罪そのものが無意味であることを示す「冤罪を証明する定理」(山根定理)を公表する。実は、本連載が終ってから平成29年1月下旬に公表する予定であったが、私とA弁護士が社会的に抹殺されることを未然に防ぐために敢えて繰り上げて公表する。
+刺客として送り込まれた人物の実名、東欧の国の実名、同国の複数の政府高官(駐日大使を含む)の実名、日本側で裏取引を行っている複数の東証一部上場企業名、表向きは開業医(歯科)で、裏で犯罪モミ消し工作(脱税モミ消し工作を含む)で稼いでいる歯医者の実名等については、詳しい情報と共に把握しているが公表を留保する。

万一、私とA弁護士、あるいはその親族が拉致されたり暗殺された場合には、自動的に全情報がネット上で公開される手はずになっていることを予告する。

―― ―― ―― ―― ――
ここで一句。

 

”地震来て咄嗟に押さえた一升瓶” -福島、烏賊人参

 

(毎日新聞、平成28年12月14日付、仲畑流万能川柳より)

(これだけは。)

3362700+ 214 total views,  6 views today