冤罪を創る人々vol.27

2004年09月21日 第27号 発行部数:244部

◆◇――――――――――――――――――――――――――――◆

 「冤罪を創る人々」-国家暴力の現場から-



    日本一の脱税事件で逮捕起訴された公認会計士の闘いの実録。

    マルサと検察が行なった捏造の実態を明らかにする。

◇◆――――――――――――――――――――――――――――◇



 山根治(やまね・おさむ)  昭和17年(1942年)7月 生まれ

 株式会社フォレスト・コンサルタンツ 主任コンサルタント

http://www.mz-style.com/



―――――――――――――――◇―――――――――――――――

●(第六章)権力としての検察 ― 暴力装置の実態



「(5) 捏造された勾留理由」より続く

http://www.mz-style.com/item/114



(6) マスコミ報道の実態



一、 平成8年1月26日の逮捕を待っていたかのように、マスコミ

 各社は、全国版で、検察当局が捏造した犯罪を、あたかも確定した

 事実であるかのように一斉に報道した。



二、 大半のマスコミが、検察側の発表もしくはリークにもとづいて

 報道しており、マスコミ独自の判断を放棄した検察側情報のタレ流

 しに終止した。



三、 マスコミによってなされた荒唐無稽な報道の極めつけは、私が

 脱税報酬として6億円を受け取ったというものである。その上更に、

 相手方の佐原良夫に対して4億円の脱税協力金を支払ったというお

 まけまでついていた。

  検察が発表した脱税額は6億円余りである。すると、組合は、6

 億円余りの脱税をする為に、私に6億円の脱税報酬を払い、更に佐

 原に4億円の脱税協力金を支払ったことになる。

  6億円余りの脱税をするために、都合10億円の謝礼金を支払う、

 ― 誰が考えてもありえないことだ。

  このような荒唐無稽な報道を、朝日新聞を皮切りに、毎日新聞、

 読売新聞、サンケイ新聞等、一流と目されているプレスが行ったの

 である。



四、 社会の木鐸を自任していたはずの新聞は、一体どこに行ってし

 まったのであろうか。いつから、検察の手先となり、冤罪事件の片

 棒をかつぐようになったのか。

  このようなことは、良識とか常識以前の問題ではないか。





(7) 本件逮捕

 

一、 平成8年2月16日、午前8時半ごろ、一番に風呂に入らされ

 た。この日、検察庁に行く予定という。

  午前9時半、松江地検に連行され、本件の法人税法違反容疑で再

 逮捕される。

  午前10時9分、被疑者弁解書なるものを作成。

 「全て検察の捏造であり、いいがかりである。当然、無罪である。」

 と申し向け、署名指印。



二、 「君達は、こんなごまかしをよくやるね。検事としての誇りが、

 君達にはあるのか。恥を知れ。」

 ― 私は、検事中島行博を睨みつけた。中島も負けじとばかり、睨み

 返してきた。両腕を組んで2分位睨み合っていたであろうか、その

 うち中島が目をそらした。



三、 この日のノートには次のように記されている。



「事務所がどうなるか。今、確定申告の時期だ。脱税の報道は全国的

 に大々的に流されるだろう。事務所のことをどうするか。真剣に考

 えるときが来たかもしれない。わが事務所は、これで駄目になるか

 もしれない。どうするか。わが人生をどのように立て直すか。

  今日はどっと疲れがでたようだ。昨日の起訴、今日の再逮捕。と

 もかく今日は早く休んで体力を回復させることだ。今日は取り調べ

 がないだろうが、仮にあっても、疲れたと言って拒否しよう。早く

 横になりたい。もうすぐ6時である。

  担当の看守が、オーキューバン(バンソーコー)を一枚くれた。

 『明日から休みになるので、一枚入れておくわ。』うれしかった。

 このところ一寸でも親切にされると、すぐ涙が出る。涙腺がゆるみっ

 ぱなしである。この若い看守もこのごろ少していねいになった。人

 の情けを忘れてはならない。このような究極的な生活をしていると、

 特に身に沁みる。

  今日は取調べがなかった。」





―――――――――――――――◇―――――――――――――――

●山根治blog (※山根治が日々考えること)

http://consul.mz-style.com/catid/21



「スケコマシ」考-その1より続く

http://www.mz-style.com/item/115



・「スケコマシ」考-その2



  中江滋樹氏のまわりには、ユニークとしか言いようのない人物が

 かなり集まっていました。その中でも、ピカ一であったのがS.S

 なる人物でした。



  広辞苑の説明では納得できませんので、我が家にある一番デッカ

 イ“日本国語大辞典”(小学館)にあたってみました。これには、



“スケコマシ”-「女をものにすることをいう。てきや仲間の隠語。

        (隠語全集)」



 とあり、もともとテキヤ(大道商人)仲間の言葉であったことまで

 は分かったものの、広辞苑と五十歩百歩で、どうも今ひとつピンと

 きません。



  それではと、新明解さんをひいてみたところ、スケコマシはなかっ

 たものの、スケ(助)の項目の中にそれらしき説明を見つけること

 ができました。



“スケ(助)”-「[やくざ仲間などで]情婦の称。[広義ではカモに

         なる女性を指す]」



  スケ(助)とは、「カモになる女性」のことだというのですね。

 カモをわざわざカタカナで記し、スケの意味の一つを、自信をもっ

 て「カモになる女性」であると言い切っている以上、必ずや自らも

 「カモ」の意味を説明しているに違いないと考えて、カモの項目を

 ひいてみました。ありましたね。



“カモ(鴨)”-「御(ぎょ)しやすい相手や、いいもうけの対象と

         して利用される相手。」



  ここまできて、私のイメージする「スケコマシ」像が明確な言葉

 として表現できそうになりました。

  つまり、スケコマシのスケとは女性のことで、しかも男に貢いで

 くれる女性を指すようですし、コマシとは、コマス男のことで、コ

 マスとはやっつけるとか、征服するというほどの意味を持っている

 俗語であるようです。

  従って、スケコマシとは、女性に身体だけでなく金銭をも貢がせ

 る男、ということになるのでしょう。



  プレイボーイのように、自分から女性に奉仕し、貢ぐイメージも

 なければ、女たらしのように、美貌を武器にして女性をものにして

 いくといったイメージもありません。

  風采の上がらない、決して二枚目とはいえないプータローが、ハ

 イソでセレブな女性をゲットして少なからぬ金銭を貢がせる、-こ

 れは誰にでもできることではなく、ことの善悪をしばらく措いて考

 えてみれば、匠(たくみ)の技とでも言えるかもしれません。



  スケコマシS.S氏が一人の女性を伴って私の前に現れたのは、

 女性の親族の税務相談のためでした。

  当初は、S.S氏がスケコマシで、その女性がスケであることな

 ど知りませんでしたので、余りに不釣り合いな二人に不自然さを覚

 えただけでした。

  その後この二人と何回か会い、またS.S氏を紹介してくれた中

 江滋樹氏から詳しい話を聞くに及んで、二人の関係が分かってきま

 した。



  この女性は二十歳半ば過ぎの独身で、日本の名門といわれる一族

 の後継者でした。祖父は、政治の世界で大臣までやった著名な人物

 で、ある金融機関の創設に携わり、長い間そこの代表をつとめ、そ

 の代表の座はその女性の父にバトンタッチされていました。

  祖父はまた、現在は世界的な会社になっている有名企業の創立者

 の一人で、大株主でもありました。

  その女性は、美人とは言えないまでも十人並の器量で、決して資

 産家のパープリンなどではなく、かなりのインテリジェンスの持ち

 主でした。



  この女性は、S.S氏の3人のスケの一人で、彼女がどれだけの

 ものを貢いだのかは分かりません。おそらくは億単位のものであっ

 たろうと思われます。

  S.S氏は、軽薄とか浅薄という言葉で形容するしかないような

 人物でしたが、どこか憎めないキャラクターを持っていました。今、

 彼が元気であれば、五十歳半ば位でしょう。どこで、どのような暮

 らしをしているのか興味がありますね。



 ―― ―― ―― ―― ――



 ここで一句。



   “名の通り秘密あるから秘湯なの”-長野、小言居士

          (毎日新聞:平成16年9月3日号より)



(天下の秘湯、白骨温泉が入浴剤を入れていたことから大騒ぎになり

 ました。スケコマシにも、入浴剤ならぬ秘技といったものでもある

 んでしょうね。)

3362700+ 105 total views,  2 views today