携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

フォレスト・コンサルタンツ

icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

中江滋樹氏からのダイイング・メッセ-ジ-⑭-見えてきた裏の構図-(5) . はてなブックマーク  Twitter   2020-07-01

 闇の組織の親密関係者あるいは共生者として、傍若無人(ぼうじゃくぶじん)な振舞いをしている人物の二人目は、荒木燃料株式会社(以下、会社という)の石松俊之である。石松俊之は、会社のオ-ナ-社長の座を奪い盗るために、社会保険労務士・税理士の笠岡範之古津弘也弁護士を使った。会社法、税法及び労働基準法の規定を踏みにじる企業承継を、臆面もなく実行している。
 
 笠岡範之はまた、社会保険労務士の資格を悪用して、福島第一原発の工事現場への“口入れ稼業”に精を出していた。ピンハネ業であり、江戸時代さながらの“人身売買”である。しかも、警察、弁護士、裁判官がグルになって仕組んだ偽装裁判(「偽装裁判の系譜-①」をベースにした“人身売買”だ。人材派遣業を隠れミノにした脱法行為、悪質である。刑事事件と民事事件の確定判決を悪用して繰り広げられた“猿芝居”。中村寿夫弁護士が演じている“猿芝居”と全く同じ構図である。
 “人身売買”に関与したのは、石松俊之をはじめ、笠岡範之社会保険労務士・税理士、古津弘也弁護士、峠田晃宏弁護士、高野陽太郎弁護士の面々だ。中村寿夫弁護士同様、猿ならぬハゲタカの連中である。
 峠田晃宏弁護士事務所で借金の弁済契約書を作成し、逃亡ができないようにして高濃度放射能の工事現場へ放り込み、借金回収の名のもとに作業報酬の4分の3ものピンハネをしていたのである。まともな人間のする所業ではない。ヤクザ金融の見本とされる“ナニワ金融道”の世界である。5年の“年季”を終えてシャバに出てきた男性は、妻は自殺に追い込まれ、本人は廃人同然の状態であったという。現在その生死は明らかではない。

 笠岡範之税理士はさらに、納税者に対する恐喝常習犯である広島国税局の山持昌之査察官からの情報を得て、これまで税理士業務の顧問先であった闇組織の一員を脅し上げ、8千万円の税金と法外な裏金を詐取しようとした。カツアゲである。
 組暴法の指定を受けている闇組織の一員であることを承知の上で、税金だけでなく裏金をもカツアゲ(「てひどい恐喝をする」意の俗語的表現。-新明解国語辞典)しようとするなど、いい度胸である。国税局、警察庁という国家暴力装置をバックにしているからこそであろう。このカツアゲは、令和元年7月に始まり、現在(令和2年6月30日現在)も進行中である。
 このカツアゲに関与した面々は、広島国税局の山持昌之査察官をはじめ、以下の通り。各人の官職は、令和元年6月末時点のものである。


 上記の国税職員は、伊藤秀之税理士中村寿夫弁護士が演じている“芝居”の裏方でもある。
(この項つづく)
                  
―― ―― ―― ―― ――
 ここで一句。
”嘘つきに 「ウソ」と言われりゃ ほんとうか” -香川、芋けんぴ
(毎日新聞、令和2年6月28日付、仲畑流万能川柳より)
(“ハゲタカが ベトナムあたりでゴルフに興じ 握々(にぎにぎ)しすぎて 肥え太り 唄(うた)を忘れたカナリアか 羽(はね)をどこかに 置き忘れ 顔と尻とを朱に染めて ここにメデタク 猿となる”-松江のプ-タロ-)

中江滋樹氏からのダイイング・メッセ-ジ-⑭-見えてきた裏の構図-(5) (2020-07-01) . はてなブックマーク  Twitter  


前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)


Copyright©2004-2020 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS.