携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

フォレスト・コンサルタンツ

icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 . はてなブックマーク  Twitter   2009-08-25

 前回述べた通り、3億6千万円をめぐる堀江氏の発言には、根本的に不可解な点があるのですが、ここではそのようなことはさておいて、堀江氏の言い分が次のようなものであるとして、話を進めていくことにします。
  1. 上場時の大量保有報告書には、保有している株式7,920株の取得資金の内訳として、自己資金29,000千円、借入金240,000千円となっている。
  2. 1.の借入金240,000千円の借入先として有馬純一郎氏としていたのは、宮内亮治氏から、有馬純一郎氏が娘の晶子氏に240,000千円を支払ったと聞かされていたからだ。
  3. このことは、自分が有馬氏から直接240,000千円を借り受けて、それをそのまま娘の晶子氏に渡したことと同等であると考えて、借入金240,000千円の借入先を有馬純一郎氏としたものである。
  4. ところが実際のところは、上場前の時点で、2.の事実、つまり、有馬純一郎氏が娘の晶子氏に240,000千円を支払った事実がないことが分かった。宮内氏が自分に対してデタラメを言っていたということだ。
  5. 実際に支払がなされたのは、有馬晶子氏から120株を買い取ったことになっている平成11年11月5日ではなく、その2年9ヶ月後の平成14年8月9日以降のことであった。
  6. 平成14年8月9日以後に支払ったのは5億円程度。未決済残である240,000千円に、この間2年9ヶ月の利息分260,000千円を加えて5億円としたものだ。

 以上が、堀江氏の言い分を、最大限忖度(そんたく)した上で要約したものです。以下、堀江氏の言い分が真実であり、正しいものとして検証に移ります。

 まず、事実関係を押えておきます。
  1. 新株発行届出目論見書(平成12年3月8日付)の、株式公開情報の中の「特別利害関係者の株式の移動状況」において、平成11年11月5日の有馬晶子氏から堀江氏への持株譲渡(120株、一株300万円、総額360百万円)の株式移動の理由として「売却人の資金化の必要」(73ページ)と記載されている一方、この同じ120株の移動について「資金調達を目的とする発行」(76ページ)と記載されていること。
  2. 堀江貴文氏が、上場後に提出した大量保有報告書(平成12年6月16日付)において、持株7,920株の取得資金は269,000千円とされ、その内訳として
    1. 自己資金: 29,000千円
    2. 借入金: 240,000千円
と明記され、更に借入金については有馬純一郎氏から全額借り入れた旨が記載されていること。

 以上が事実関係の概要です。
 そこで、先に要約した堀江氏の言い分と上記の事実関係とを比較して検証してみます。
  1. 堀江氏の言い分によれば、有馬晶子氏からの株式買取に要した資金360百万円のうち、240百万円については、譲渡契約日である平成11年11月5日には支払がなされていない(2年9ヶ月後の支払い)ことから、新株発行届出目論見書における株式移動理由の一つ、「売却人の資金の必要」に関しては、240百万円分については虚偽の記載ということになり、今一つの理由として記載されている「資金調達を目的とする発行」に関しても、会社の資金調達とは全く関係のない個人間の株式移動であることから虚偽記載ということになります。
  2. 堀江氏の言い分によれば、平成11年11月5日の時点で有馬純一郎氏から株式取得資金として240百万円を借り入れた事実はなく、かつ、大量保有報告書提出日である平成12年6月16日の時点でも有馬純一郎氏から株式取得資金240百万円を借り入れていた事実はないのですから、堀江氏が自筆のサインをして提出した、大量保有報告書の記載のうち、株式取得資金として有馬純一郎氏から240百万円借入れした旨の記載は虚偽記載ということになります。

<追記>

 堀江氏は、“ホリエモンの錬金術サイト批判-号外「検証!!『ホリエモンの錬金術』に対する反論”において、
『(有馬純一郎氏との間に、2億4千万円の)金銭消費貸借契約も結んでいますし、返済もしています。どこが架空なんでしょうかね?』
と、またまた新しい事実を持ち出してきました。本文で記したように、平成11年11月5日の時点でも、平成12年6月16日の時点でも、実際に有馬氏から金銭を借り入れていた(キャッシュが動いた)事実がないのですから、堀江氏が新たに持ち出してきた「金銭消費貸借契約」なるものは、真実のものではなく、架空契約そのものです。
 更に、その後の追記(“このブログで2009.5に売れたモノランキングTop30の第一弾(30-16位)”)で、
『契約書を巻きなおしたりとかして』
と、契約書の作成までしていることを明らかにしました。有馬純一郎氏と話し合った上で作成したものであれば、虚偽の契約書が作成されたということですし、同氏の了解なく堀江氏が勝手に作成したものであれば、契約書の偽造(私文書偽造)ということです。
(この項つづく)

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“サル山の ボスと目が合い 尻かかれ” -南魚沼、川村祐美子。
(毎日新聞、平成21年2月4日付、仲畑流万能川柳より)

(“お返しに こちらも負けじと 尻をかき”)

更に一句。
“税務署に 通用しない 秘書のせい” -伊賀、頓馬天狗。
(毎日新聞、平成21年6月12日付、仲畑流万能川柳より)

(“オレ知らぬ 部下がやったと ホリエモン”)

もう一つ。
“ばらまきの 本家分家を こきおろし” -行田市、櫻井郁夫。
(朝日新聞、平成21年7月31日付、朝日川柳より)

(“ダミ声と ひょっとこ面(づら)で 票が逃げ”、“ひょっとこに クリオネ父さん 昼行灯”)

検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 (2009-08-25) . はてなブックマーク  Twitter  


前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1716] Re1:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:目的を明確にした方がよいと思います 2009-08-25 10:41:45
正直なところ、いつまで続いて何が目的なのかを明確にしなければ読者側も疲れると思います。

仮にホリエモンを懲らしめたいということであれば、本人の口から困っている旨の発言を引き出したわけですから、それで充分ではないでしょうか。

あるいは、「ホリエモンはインチキである」以外に読者にアピールしたい点があるのであれば、早く述べてもらいたいです。「インチキだと言うことのみ」が目的であれば、その旨を明確に宣言してもらえないでしょうか。
[1717] Re2:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:山根治 2009-08-25 14:53:15
>[1716]

 目的は明確です。堀江貴文氏が私の記事を誹謗中傷したことに対して、反論しているだけのことです。私の反論は民事裁判に耐えるだけでなく、より厳密な証明が要求される刑事裁判にも耐えるレベルに仕上げてありますので、お疲れになるようでしたら無理をしてまで読まないでください。

山根治
[1718] Re3:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:NY 2009-08-26 05:18:20
個別の事件には興味がないのですが、日本の経済刑法って今のままで良いんでしょうかね。基本的にやったもん勝ち、やり得を生んでしまっている今の日本の経済刑法のあり方は、(日本の刑事法制全体の特徴でもあるので)犯罪抑止力という長期的・社会全体の利益よりも「加害者を罰するのはかわいそうだ」というその場の個別的利益を重視する傾向は(他の刑事法でもどのみちその傾向は同じなので)今のままで行くにせよ、加害者と被害者の帰責性に応じたフェアなリスク分担という法の基本理念に照らして、日本の経済刑法、経済法制は「加害者がかわいそうだ」という感情に引きずられるあまり、(本当はもっとかわいそうな)被害者の利益を結果として圧殺して、やったもん勝ちの状況を生じさせてしまっており、先進国として、果たして今のままの姿であることが公正・衡平なのか、考えれば考えるほど悩んでしまう今日この頃です。
[1719] Re4:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:iku 2009-08-26 08:56:40
暇なんだね
[1720] Re5:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:きりんじ 2009-08-26 10:16:38
粉飾して世の中を騙して利益を得た人が、反省もせず、国が悪いだの、裁判が間違っているだの、毎日のうのうと生きている様子を発信し続けています。
このような人に対して、「この人おかしいよ!」っていうのはあってもいいと思いますよ。その情報発信の内容や方法について、好き嫌いはあるでしょうが、
私は毎週たのしみにしている側の一人です。
[1721] Re6:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:Equity 2009-08-26 14:20:14
従来、日本で経済犯罪・金融犯罪に寛刑が下されていたのは、個人的利得目的による犯罪よりも、組織のためにやむにやまれずという経済犯罪が多かったために、国際的に見ると異様なほどの寛刑が下されてきたという背景があります。個人的利得目的ではなく、組織的利害のため仕方なくというパターンの犯罪が執行猶予という(事実上の無罪として)不問に付されてきたのにはそういった背景があり、それはそれで理にかなっていたと思います。

しかし、どの国でもそうなのでが、ある種の先進国病というか、先進国以外でもそうなので現代病という方がより正確なのですけれど、個人的利得目的による経済犯罪が近年世界的に増加してきていることは併せて視野に入れないといけないと思います。故意犯、それも個人的利得目的で経済犯罪に踏み切る人々は功利的で利己的で狡猾なタイプの人が多く、彼らは何事も損得勘定で動くので、逆に刑罰に犯罪抑止効果が望めることが知られています(彼らは自らの利害のためなら他者を踏みにじることに全く抵抗を覚えない人が多く、何事も損得勘定で動くという特徴があるので、量刑水準を低くしすぎると犯罪抑止のためにある刑罰法規が彼らの違法行為をむしろ「ビジネス」として助長、ある種のお墨付き(?)を与えてしまうという恐ろしい現象が起きるということが知られています。)

その意味で、日本では厳罰化が良いとか悪いとか一般論で議論するのが好きな人が(法律家も含めて)多いですが)、(犯罪抑止効果があまり望めない)過失犯には厳罰化をあまり進めても意味がないものの、(犯罪抑止効果が期待できる)故意犯には厳罰化を一定程度進める方が、社会にとっては長期的にはプラスになる解です。一般市民が犯罪に巻き込まれる頻度が高くなるというのは社会のあり方としては望ましいものではありませんからね。
[1722] Re7:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:Equity 2009-08-26 14:24:50
より正確に言うと、重過失の場合はもちろん話は変わりますが。
[1723] Re8:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:External auditor 2009-08-28 00:53:02
勝負に勝ちたいと思って努力することは良いことです。でも欲望に負けてドーピングに手を出したらそれはもはやスポーツではなくなってしまうのと同じで、インチキをしたらアウトという枠組があることは(競争は努力へのインセンティブをもたらす反面、同時に「どんな手を使っても成功できれば勝ち」と不正行為を助長する側面がありますから)大切ですね。

日本のマーケットの今後の安定的な発展を考えると、利欲目的の金融犯罪には十分な抑止力となる刑罰を科すことは不可欠ですが、それに加えて、違法収益に関する扱いを他の先進国と同様にし、そもそも重大な欺罔行為など違法な手段を使ってまで金儲けをするとかえって損をするという状況を作ることが、マーケットの利点を生かしつつも、世の中をジャングルにしないために必要かつ有益なことだと思います。日本のマーケットの繁栄を考えると、実効的な被害者救済の枠組みが日本にはほとんどないことは大きな問題だと思います。

とあるヨーロッパの国がどうせ一見なんだからぼった食って当たり前と言わんばかりに悪貨を放置し過ぎたあまり日本人観光客から見放されてしまったように、悪貨が多すぎると市場は駄目になってしまいますからね。
[1724] Re9:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:Jack 2009-08-28 13:58:33
どうやらFSAのターナー会長は英国の長期的発展のために戦うことを決意したようですし、ここからまた新たな発展のステージが始まるのでしょう。

日本ではオーバーな悲観論を唱えるのが好きな人が多いようですが、日本の中間層のレベルは高いですから、格差の下方拡大には断固として戦い、自らの強みである中間層を大切にすること、教育を無償化して出身にかかわらず全ての人に教育の機会を開くことを大切にすれば、日本は十分やっていけるでしょう。大切なのは自分に自信を持って、話がオーバーな人に振り回されないことだと思います。
[1725] Re10:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:WTC 2009-08-30 04:05:50
山根氏の一連の議論は一つの、本当のジャーナリズムのあるべき形なのでしょうね。これぐらいのレベルの評論・分析が市中に出回るようになったらとても楽しいですね。
[1726] Re11:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:LSE 2009-08-30 17:20:14
>一番上の人

山根氏は非常に英国的な方なんだと思います。英国的知性の一つの思考様式を山根氏は体現していると思います。
[1782] Re12:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-14 投稿者:ダニ退治 2010-03-13 03:14:24
>>目的を明確にした方がよいと思います
>>iku

=人類のダニ=在日チョン公はさっさと半島に帰れ!!!ダニめが!!!!!!

Copyright©2004-2019 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS.