携帯 - コメント一覧 - 更新記録 - サイトマップ  

フォレスト・コンサルタンツ

icon HOME icon 会社案内 icon 冤罪を創る人々 icon 引かれ者の小唄 icon 経済事件ノート icon 山根治blog

検証!! 『ホリエモンの錬金術』-号外2 . はてなブックマーク  Twitter   2009-06-09

 堀江氏は、私の記事が「ウソ八百のオン・パレ-ド」で、「根拠のない中傷」とこきおろして、私を非難し、訴訟も辞さないと言っています。訴訟なさるのも結構ですが、自身のブログで私の批判を展開するのであれば、その前に、本当に弁護士とか会計士に相談なさったほうがいいでしょう。
 
 4年前に記事を公表した時も、あるいはその一年後に東京地検がライブドアを摘発した時も、多くのマスコミから取材の申し込みが来ましたが、それらの全てをお断りしてきました。TV局の中には、松江までわざわざおいでになったところもありましたが、丁重にお断りしています。その理由として、私は当時次のように記しています。
『9年前私が逮捕された時、NHKをはじめとする多くのマスメディアは検察とマルサがリークする偽りの情報を、自ら検証することもなくタレ流し、私を稀代の悪徳会計士に仕立て上げました。経済とか税金のことをほとんど知らない記者が、検察が意図的に流す矛盾だらけの情報をさも真実であるかのように報道し、私の人格権を傷つけたのです。(「冤罪を創る人々」008 脱税日本一048 マスコミ報道の実態
 私が、現在分析の対象としていることは、4つの専門分野(会計実務、監査実務、企業分析、株式市場)にまたがるもので、それらの実務的な知識が必ずしも十分にあるとは思えない取材記者の方にお話ししても私の意図が正確には伝わらないおそれがあります。それ以上に、一部だけを曲げて取り上げられると、それこそ不当に堀江さんを傷つけることにもなりかねません。
 このため、私は一言一句、自ら責任の持てることのみを文章化し、原則として一週間に一度このblogで公表していくつもりです。』(『ホリエモンの錬金術-号外』)
 この一ト月余りの堀江氏の私に対する批判を見る限りでは、日本語だけでなく、法律用語とか会計用語あるいは証取法について、基本的な理解がいささか欠けているようで、専門家に相談した形跡が見られません。
 堀江氏は、弁護士や会計士に相談したり、裁判を起すとなると少なからぬカネがかかるが、ブログで自分が喋っている分にはカネがかからない、タダだ、などとずいぶん気楽なことを言っています。現在のところは手許にカネがあるようですし、相談料などそれほどのものではありませんので、一日も早くしかるべきプロに相談なさることをお勧めします。私を批判するのはそれからにしていただきたい。

 私はすでに、号外を別にして、ブログ記事20回分ほどの検証を終えました。更に加筆訂正した上で、3ヶ月程かけてこれまで通り、週に一度ずつネット上で公開していく予定です。
 4年前の『ホリエモンの錬金術』は、認知会計、ひいては会計工学の実証研究の一環として行ったものであり、決して他人を中傷したりヒマつぶしをするために書いたものではありません。確認された信用性の高い資料だけをベースにして作成したものですので、原資料そのものが否定されない限り、私の論旨は簡単に崩れることはありません。記事については分かりやすさをモットーに書き上げてはいるものの、専門家の検証に十分耐え得るものと自負しています。
 この5年余り、ライブドア以外にも具体的ないくつかの事例を取り上げて、企業分析に関する私の思考パターンをアルゴリズムにまとめ上げ、それをもとにして、スタッフと共にチェックシステムのソフト化を目指してきました。現時点で、実務に耐えるソフトがようやく完成に近づいたところです。

<追記>

 堀江氏は、自身のブログで、借名株の疑惑は、
「悪魔の証明のようなものなので、信じてくれというしかありませんな」(「このブログで2009.5に売れたモノランキングTop30の第二弾(15-1位)」)
と発言しています。私も、『冤罪を創る人々』の中で、検察が私に突きつけてきた「悪魔の証明」に苦しんだことを述べていますが、堀江氏の場合は悪魔の証明などという大層なものではありません。20億円という大金が現実に動いているのですから、身の潔白を証明することは簡単なことだからです。
 一言、
「上場直後に960株の株式を売却し、代金20億円余りを受け取ったのは有馬純一郎氏(A氏でも構いません)である」
と明らかにするだけでいいのです。有馬氏とは音信不通のようですが、ネット上でこの旨発言すれば、たとえ本人が気がつかなくとも親しい人が必ずや目にするはずです。もし堀江氏の発言が事実であるならばそのまま黙っているでしょうし、ウソであるならばしかるべきリアクションがあるでしょう。
 尚、仮に堀江氏にかけられた借名株の疑惑が晴れたとしても、つまり、有馬氏が960株の真実の所有者で、オン・ザ・エッヂの上場直後にバタバタと売り抜けて20億円余りを手にしていたことが事実であったとしても、インチキ上場の一味(『ホリエモンの錬金術-9』で、私は“ホリエモン賭場のご一党”と言っています)に新たに有馬氏が加わるだけの話で、インチキ上場であるとする、私の論旨には全く影響がないことを付け加えておきます。

 ―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。
“有識者 国会の中 いないのか“ -秦野、てっちゃん。
(毎日新聞、平成21年6月3日付、仲畑流万能川柳より)

(中にも外にも。)

検証!! 『ホリエモンの錬金術』-号外2 (2009-06-09) . はてなブックマーク  Twitter  


前後のページ

このエントリーへのトラックバック

   [告知] ※トラックバックスパムが多いので、トラックバックの受付を停止いたします。(2006-08-08)


このエントリーへのコメント

   [告知] ※コメントの書き込みができない場合があるようですが原因を特定することができないので、コメントの受付自体を停止いたします。(2015-03-31)

[1513] Re1:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-号外2 投稿者:水無月乃蝿 2009-06-09 19:03:50
「上場直後に960株の株式を売却し、代金20億円余りを受け取ったのは有馬純一郎氏(A氏でも構いません)である」

是、
言ってしまっては胡麻^^の灰に集る蝿が居なくなって蝿無月に成ってしまいそう^^。

蝿叩きのアルバイト^^幼少の頃一匹5円で祖母に遣らされた、懐かしいな~。
[1514] Re2:検証!! 『ホリエモンの錬金術』-号外2 投稿者:EU 2009-06-14 07:51:17
今回はホリエモンwannabeの反論も無く、なんだか寂しい気もします(笑

がなってた連中、最初から「錬金術」読んだのかな?

ホリエモンの取り巻きなんて、こんなもんです。

Copyright©2004-2019 "Forest Consultants Co.,LTD". Powered by Nucleus CMS.