Top>
東京地検特捜部も断末魔(だんまつま)に-③
19-01-07
 平成30年12月25日の深夜、カルロス・ゴーンとともに逮捕・勾留されていたグレッグ・ケリーが保釈された。当然のことである。カルロス・ゴーン同様、無実の罪(冤罪)を着せられているからだ。
 前回のつづきである。カルロス・ゴーンが犯したとされる犯罪の3つの構成要件のうち、「1)有価証券報告書(金融証券取引法第24条第一項の規定によるものに限る)」の要件は、明らかに充足されている。前回述べた通りだ。
 問題なのは、残りの2つの構成要件である。つまり、
 2)重要な事項の虚偽記載
 3)1)に2)の虚偽の記載があるもの(注.有価証券報告書のこと)を提出した者
の2つである。
 まず、2)の「虚偽記載」について。この「虚偽記載」とは一体何か。
@『企業内容等の開示に関する内閣府令(昭和四十八年大蔵省令第五号)』
 これは、金融証券取引法の規定に基づいて大蔵省(現在は、内閣府)が発した省令(現在は、府令)である。
 この省令(府令)は、第一条から第二十三条の三までの条文と第一号様式から第十九号様式までの様式から成り立つ。
 第二号様式の中に、(記載上の注意)として、(56)コーポレート・ガバナンスの状況があり、